長谷川伸さんの小説一覧です。
トップ > 時代・歴史 > 長谷川伸

小説名、作家を検索

このエントリーをはてなブックマークに追加
推理

長谷川伸

「大衆文学名作選」第2巻『沓掛時次郎』など 平凡社、1935年
「昭和長篇小説全集」第8巻『道中女仁義』 新潮社、1935年
「維新歴史小説全集」第6巻『寺田屋騒動』 改造社、1936年
ある市井の徒
ある市井の徒・新コ半代記
ちんば股旅
どろんの道
なりひら鬼
ふるさと鴉
まむしのお政
よこはま白話
ランプ虎
一本刀武者修行
七つの捕り物
七尺六寸の男
三代目扇歌と女
上杉太平記
中山七里
二十九年目の仇撃
人斬り伊太郎
伊太八縞
伝法ざむらひ
佐幕派史談
八丈つむじ風
切られ与三郎
刺青判官
刺青奇偶
印度洋の常陸丸
善悪半代記
喧嘩駕籠
四斗谷平次
四条河原の荒木又右衛門
国姓爺
国定忠次
地獄絵巻
堀の小伝
夜もすがら検校
定九郎仲蔵
居留地
弱い奴強い奴
我が「足許提灯」の記
戦国行状
戸並長八郎
振分け小平
捕物・おかめの面
提灯と女
敵討八景
敵討鑓諸共
旗本くづれ
日本捕虜志
日本敵討ち異相
日染月染
明治の探偵
横浜租界
殴られた石松
段七しぐれ
母親人形
江戸と上総の男
浜田弥兵衛
浪人祭
源太とぴん介
源太左衛門兄弟・夜渡り鳥
源太時雨
濡れ闇の男
狼 足尾九兵衛の懺悔
狼九五郎
玄武館の人々
生きている小説
甲斐の角兵衛
白夜低唱
白鷺往来
直八こども旅
相楽総三とその同志
相馬大作と津軽頼母
眼の中の女
瞼の母
瞼の母・沓掛時次郎
石瓦混肴
私眼抄
稲葉小僧新介
紅蝙蝠
素材素話
素材雑載
耳を掻きつゝ
股旅の跡
股旅新八景
股旅草鞋
背中の女
自伝随筆
舶来巾着切
荒木又右衛門
藁人形の婿
血白粉
角兵衛物語
討たせてやらぬ敵討
越後獅子祭
足尾九兵衛の懺悔
蹴手繰り音頭
長八郎絵巻
関の弥太っぺ
雪の渡り鳥
飛び吉道中
馬頭の銭
鼠小僧唄祭

スポンサーリンク

本サイトについて

小説の口コミ、レビュー、評判から人気ランキングのサイトです。幅広い意見を取り入れる為にユーザー登録なしにどなたでも投稿できます。
ページのトップへ戻る